2012
05.05

THE REDEMPTION / ザ リデンプション

In 2008, TSUDA (Ba “KEMURI”), RYOJI (Vo “POTSHOT”) and RYOMA (Gt “LAST TARGET”) joined forces to form REDEMPTION 97. The release of their first single, as well as album, followed soon after.
After RYOJI left the band in 2010, reggae singer HAL took over his part and the band renamed themselves to THE REDEMPTION. Two years and another change of singers later, NOSE took up the post and the band found their current lineup, including MAKO on drums, CLUTCH on organ/keyboard, MAI on trumpet and MURAIAN on trombone.
Tweaking their musical direction to include more reggae and dub, as well as 70’s UK punk, they announced the release of their second album “Rough Dance Convention” from famed Japanese label SKA IN THE WORLD, in 2013.
In 2018, THE REDEMPTION kicked off their 10th anniversary year by sharing the stage with famed Ruts DC. They continue to tour all over Japan, exploring their unique blend of ska, and reggae.


- Member -
写真をクリックするとサイトへジャンプします

Nose ( Vox ) twitter



Ryoma ( Gt )
twitter / Instagram
Ryoma


Tsuda ( Ba )
twitter / Instagram
Tsuda


Mako ( Dr )
twitter
MAKO

クラッチ ( Org / Key )
Clutchy


Mai ( Tp )
Instagram
Mai


Muraian ( Tb )
twitter / Instagram
Muraian


2007年のKEMURI解散の翌年2008年、KEMURIのベーシストであったTSUDA、POTSHOT解散中で、THE LAST CHORDSのRYOJI、日本のみならずアメリカ、ヨーロッパでツアーをしまくっていたストリートパンクバンドLAST TERGETのRyomaを中心に前身バンド REDEMPTION 97を結成。

2009年、1stシングル”Good friends good music” 、1stフルアルバム”Precious songs”を立て続けに発表する。

2010年、東名阪を回るアルバム記念ツアーを大成功させ、多くの野外フェスティバルにも出演し、オーディエンスを沸かせる。
順調にバンドは進んでいると思われていたのも束の間、
2010年にボーカルのRyojiが脱退。
入れ替わりにレゲエ色を全面に押し出したスタイルのシンガーHALが加入。
それを期に THE REDEMPTION に改名。一歩踏み込んだスカ、レゲエサウンドを模索しはじめる。

バンドサウンドも徐々に変わっていく中、
2012年、予定していたシングルのレコーディングを前に、ボーカルHALが脱退。まさかの2度目のボーカル脱退という危機に直面する。
しかし、ここでもしぶとくバンドは止まらず、新ボーカリストとしてNOSEが加入し、すぐさまシングルのレコーディングに突入、無事にセカンドシングル”2012″を発表する。

翌年2013年には、スカ、レゲエ名門レーベルのSKA IN THE WORLDからセカンドフルアルバム “Rough Dance Convention”を発表し、更に深くレゲエ、ダブ色を意識、かつ70年代のイギリスのパンクやニューウェーブ等の空気感もある独自の方向性を打ちだし、単純にスカバンドという一言では語れないサウンドに進化していく。

2017年 夏!avexより最新アルバム発売中 !!