【R-1GP4位】どくさいスイッチ企画の会社・勤務先はどこ?学歴経歴も調査

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

『R-1グランプリ2024』では本大会では初めてとなる、アマチュア会社員からの決勝進出!4位という好成績を残したのが「どくさいスイッチ企画」さんです。

2009年には「山本俊治」さんがアマチュア会社員で準決勝まで行きましたが、15年ぶりの準決勝から、一気に大会初の決勝の舞台の上がることで注目を集めています。

決勝に進出した時点で、かなり注目を浴びているどくさいスイッチ企画さんですが、驚くべきところは普段は全く別の仕事をしながら、R-1の決勝まで登り詰めたことですよね!

ということで今回は次の事について調査をしてみました。

普段はどんな仕事をしているのか

そもそもお笑いの実績がある人なのか

気になりますよね!

調査をしてみると、アマチュアながらお笑い経験は多く、数多い実績と頭の良さを兼ね備えている方でした。

目次

どくさいスイッチ企画のプロフィール

どくさいスイッチ企画のプロフィール
  • 本名:青山 知弘(あおやま ともひろ)
  • 生年月日:1987年9月
  • 出身:神奈川県
  • 仕事:会社員
  • 事務所:なし(アマチュア)
  • 趣味:落語・一人コント

どくさいスイッチ企画さんは、色々な名前を持っており、活動によって名前を使いわけています。

  • 1人コント・芸名:
    【どくさいスイッチ企画】
  • 落語家・落語作家として活動する時:
    【銀杏亭 魚折】(いちょうてい オーリー)
  • 大喜利プレイヤーとして活動する時:
    【ウォーリー】
  • RN(ラジオネーム):
    【パイロットランプ】
  • カクヨムで活動をする時の名前:
    【佐賀砂 有信】
  • noteで活動をする時の名前:
    【w】

かなり色々な名前がありますね。色々調査した結果、6つの名前がありましたが、まだ異なる活動をしている可能性もあると思います。

上記で言うと、④まではX上で公開していましたが、⑤カクヨムや⑥noteでの名前は全面には出していませんでした。

これだけ色々な名前で活動を行っている理由はわかりませんが、頭が回る人じゃないと、これだけたくさんの名前を管理することも出来ないと思います。

これだけ見ても、頭が良さそうな変わり者!というイメージを持ったのは私だけでしょうか?

どくさいスイッチ企画はどんな会社でどこに勤めて、何の仕事をしている?

現在も仕事をしているため、勤めている会社に関しては公表はしていません。

ただ、2020年のX(当時はTwitter)上で

会社の経理部に就職

というワードがありました。

4年間転職をしていなければ、現在も経理の仕事をしているのではないかと思われます。

大阪のサラリーマン

というワードもあったため、職場は大阪で間違いないと思います。

今回R-1に出場して、注目が集まれば、きっとお笑い事務所からもオファーが来る可能性は高いでしょうが、もしオファーが来たら、どのような選択を取るのでしょうか。

そうなった時に仕事は続けて、お笑い活動は趣味として行くのか?

それともお笑い芸人として事務所に所属するのか?

これは気になるところですね。

私の予想では、どくさいスイッチ企画さんは現在でも「お笑いLIVE BER 楽屋A」という場所でお笑いの活動をされています。月4回程度はライブを行っており、過去単独ライブも行っています。

なので、お笑いが仕事になるのであれば、そちらの道を選ぶのではないかと思っています。

どくさいスイッチ企画の学歴は?

どくさいスイッチ企画は面白いだけでなく、頭もいいんです!

高校・大学どこを卒業したかを見ていきましょう!

卒業高校・大学

兵庫県立長田高等学校(偏差値72)

大阪大学経済学部(偏差値65)

どちらも優秀な学校を卒業しています。兵庫県立長田高等学校は兵庫県内でも屈指の進学校と言えます。ちなみにですが、この大阪大学時代に落語研究部に所属しており、そこからお笑いの活動も始まったようです。

頭が良くて、お笑いのセンスもある。

それだけではなく、様々な資格を持っています。

所持資格(2017年のTwitterより)
  • 日商簿記2級
  • 秘書検定3級
  • 漢字検定準一級
  • FP2級
  • 境港妖怪検定中級
  • タオルソムリエ
  • eco検定
  • メンタルヘルスマネジメント検定3級
  • ビジネス実務法務検定3級
  • 2級建築経理士

これらの資格は比較的取りやすいものから、難しいものまであります。

この中で聞き慣れない資格ありますよね。

そうです。「境港妖怪検定」って何?です。

妖怪の権威・水木しげる先生の妖怪考察を通じて学んだ、日本各地に伝わる妖怪や伝承についての知識を、「資格」として公式に認定する検定試験です。

境港妖怪検定HPより引用

妖怪に対する知識の資格らしいです。資格を取るくらいなので、きっと妖怪が好きなのでしょう。「カクヨム」というサイトに色々な作品を書かれていますが、その中で『脚本「妖怪2mタオル」』という作品もあったので、この資格も活きているのかもしれませんね!

さらに、色々と難しい資格もある中で、「境港妖怪検定」「タオルソムリエ」が真ん中にあるのもきっと狙ったものではないかと思っています。

どくさいスイッチ企画の主な経歴・受賞歴

どくさいスイッチ企画さんはアマチュアと言っても、今までのお笑い大会での実績もしっかりあります。

2009年:全日本学生落語選手権 策伝大賞 優勝

大学の時から落語研究部に所属していて、「全日本学生落語選手権」を優勝しています。

2013年:社会人落語日本一決定戦 優勝

アマチュア落語家として初の策伝大賞・社会人落語日本一の二冠を達成しました。

2023年:全日本アマチュア芸人No.1決定戦2023優勝

2023年:新人お笑い尼崎大賞 漫才・コントの部 奨励賞

2020年から落語だけでなく、ピン芸としての活動を始め、2023年には全日本アマチュア芸人No.1決定戦という、漫才・コントなども混ざった大会で見事優勝を飾っています。

2024年:R-1グランプリ 決勝進出

そして今年のR-1グランプリの決勝まで辿り着きました。

これらの実績を見れば、アマチュア芸人No.1だし決勝進出してもおかしくないと思える実績を持たれています。しかし、今年から芸歴10年以下という制限が撤廃され、出場者も過去最多となった中での決勝進出なので、これは本当に凄いことだと思います。

ちなみに、R-1グランプリには過去6回挑んでおり、結果は以下の通り。

過去のR-1での成績

2011:2回戦進出

2012:2回戦進出

2013:2回戦進出

2014:1回戦敗退

2022:準々決勝進出

2023:準々決勝進出

2014年まで成績が悪かったのは、落語メインのネタだったからなのではないかと予想をしています。

また、ピン芸人としての活躍だけではなく、落語作家としてもいくつか賞を獲得しています。落語家時代から、様々なタイプのネタを作り続けていたり、「カクヨム」や「note」で文章を書き続けているため、作家のような活動も得意だと思われます。

まとめ

今回は、どくさいスイッチ企画さんの仕事の情報や学歴・経歴についてまとめてきました。

  • 経理の仕事を現在も行っている
  • 優秀な高校・大学を卒業しており、資格もたくさん持っている
  • 大学から芸の道に進み、今までに大きなアマチュア大会でも優勝をしてきている

R-1グランプリ2024ですでに注目を集めていますが、今後は「ネタが面白い!」という事でさらなる注目を集めることになるでしょう!

このR-1がきっかけで、今後地上波でも見られるようになるかもしれませんね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次